HOME > 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ

視神経脊髄炎におけるリツキサン治療

Archives of Neurologyのオンラインで、Mayo Clinicのグループから視神経脊髄炎(NMO)に対するリツキシマブ(リツキサン)治療に関する論文が発表されました。
アメリカとイギリスの多施設での後ろ向き研究で、25例のNMOに対する治療効果を解析しています。この中にはUCSFからすでに報告された7例の経過も含まれています。
平均19か月の経過観察において、年間再発率の中央値が治療開始前の1.7(0.5-5の範囲)から0(0-3.2の範囲)に減少しています(p<0.001で有意な減少)。障害度は80%の20例で改善もしくは安定しています。経過中2例が亡くなり、1例は脳幹病変の再発により、1例は敗血症疑いだったようです。20%の症例でなんらかの感染症の合併が報告されています。
リツキサンによりNMOの再発率は有意に減少し、症状の安定もしくは改善にも効果があるようです。中

Jacob A, et al. Treatment of Neuromyelitis Optica With Rituximab: Retrospective Analysis of 25 Patients. Arch Arch Neurol. 2008 Nov;65(11):1443-8
[PR]
by multiplesclerosis | 2008-09-11 18:59 | 文献
このページの先頭へ

<< 第8回 仙台MSセミナー , ナタリズマブの治療ガイドライン >>

ブログトップ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

以前の記事

検索

タグ

その他のジャンル

ツイッター

アクセスカウンタ

記事ランキング

Copyright �2008. Department of Multiple Sclerosis Therapeutics,Tohoku University Graduate School of Medicine. All Rights Reserved.