HOME > 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ

タグ:講演会 ( 44 ) タグの人気記事

第8回MSワークショップ

8月1日と2日の2日間、福岡市内のホテルで第8回MSワークショップが開催されました。
全国から約60名のMS専門医が集まり、MSの病態、治療に関する議論が繰り広げられました。

初日の特別講演にはクリーブランドクリニックのRichard Ransohoff教授と九州大学生体防御医学研究所の吉開泰信教授が招待されました。長崎大学の池田正行教授による日本の新薬承認に関する講演もあり、とても勉強になりました。

中でも、Ransohoff教授はMS病態についての新しい仮説を提案され、とても刺激的でした。
簡単に説明すると、髄液中に浮遊しているリンパ球が髄液中の抗原などで活性化して髄膜上でリンパ球の集簇を形成し、リンパ節で見られるような胚中心を作って免疫異常を引き起こし、髄膜から大脳に免疫細胞が移行して大脳皮質内でまず病変が形成されるという仮説です。

大脳白質の血管周囲での炎症・脱髄がMS病態の本質というこれまでの常識からはかなり外れた仮説ですが、いくつかRansohoff教授の仮説を裏付ける報告がこれまでにあるのも事実で、今後の展開が非常に楽しみです。

さらに、今回のワークショップでは、参加者全員が7つの小グループに分かれて、それぞれのグループで1つずつ新規治療薬候補の日本導入に関してのメリット・デメリットをまとめ、ディベートに近い形で議論したものをまとめて発表しました。

f0183250_23181086.jpg議論された薬剤は、Alemtuzumab、Natalizumab、Fingolimod、Rituximab、Cladribine、IVIG、glatiramer acetateなどで、いずれも海外ではすでに承認済ないしは臨床試験が進行中の薬剤ですが、このうちの何剤かでも日本で使えるようになることを願うばかりです。

ちょうど8月1日は福岡市内で西日本大濠花火大会が催され、懇親会では花火を見ながら食事を楽しむことができました。


[PR]
by multiplesclerosis | 2009-08-07 23:14 | 学会報告

Sendai MS Expert Meeting 2009

第50回日本神経学会総会の開催にあわせて、予てより情報交換を重ねてきた若手のMS研究者のメンバーを中心にSendai MS Expert Meeting 2009という会合を5月20日に仙台エクセルホテル東急で開催しました。

全国から若手のMS研究者41名が集い、特別講師にMayo ClinicのBrian Weinshenker教授をお招きして症例検討を行いました。東北大学病院、九州大学病院、新潟大学病院からそれぞれ1症例ずつの提示が英語であり、かなり活発なディスカッションが繰り広げられたのち、Brianによる教育的なMayo Clinicの3症例の提示と鑑別診断に関する意見交換が行われました。午後7時半に開始した会でしたが、議論が白熱したため、終わった時はすでに午後10時近くになっていました。

日本の3病院から提示された症例はいずれも臨床の場において判断に迷う症例で、参加された先生方にとっては非常に勉強になったに違いありません。NMOとMSの診断が鑑別が困難な症例や、SLEやシェーグレン症候群などを合併する症例などは必ず存在しますが、診断基準や検査結果にとらわれずに個々の患者さんの病態を見極める能力が診療現場では求められます。経験があれば解決できる部分も多いですが、そういう患者さんがMS患者さんを多く診ている施設を受診するとは限りません。

今後も全国的な規模でMSやNMOの診療、研究を活性化させるために同様な会合を積極的に企画立案していこうと思います。


[PR]
by multiplesclerosis | 2009-05-24 22:50 | 講演会報告

日本神経学会総会イブニングセミナー

5月20日より仙台国際センターを中心に開催される第50回日本神経学会総会のイブニングセミナー(共催セミナー)で中島、藤原による講演がありますので、学会員の方はぜひ聴講をお願いします。

イブニングセミナー7(ES-7)
5月21日(木)17:00~18:30
 仙台国際センター 第2会場(メインホール)

多発性硬化症の早期診断と治療戦略:診療現場でいつ、何をすべきか

座長 斎田 孝彦先生
京都民医連中央病院 神経内科 顧問
国立病院機構 宇多野病院 関西脳神経筋センター 名誉院長

「早期診断と鑑別診断」
演者 中島 一郎 
東北大学病院 神経内科

「我が国における多発性硬化症の治療戦略」
演者 藤原 一男 
東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座

詳細はこちら


[PR]
by multiplesclerosis | 2009-05-07 16:25 | 講演会情報

日本神経学会市民公開講座

多発性硬化症とは直接関係ありませんが、5月23日(土)に仙台国際センター・メインホールで市民公開講座が開催されます。テーマは「身近な脳と神経の病気を良く知ろう」となっています。
どなたでも聴講可能ですので、興味のある方はぜひお申し込みください。

http://www2.convention.jp/neuro50/lecture.html

プログラム

司会 糸山 泰人 東北大学大学院医学系研究科神経内科学分野 教授

「脳卒中を予防し、治そう」
演者 冨永 悌二 東北大学大学院医学系研究科神経外科学分野 教授

「神経内科とは?―その病気いろいろ―」
演者 田代 邦雄 北海道大学名誉教授/北祐会神経内科病院 顧問

「パーキンソン病になったら」
演者 水野 美邦  順天堂大学名誉教授/順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院 院長

1,000名様無料ご招待
申込締切:2009年5月8日(金)


[PR]
by multiplesclerosis | 2009-04-18 00:00 | 講演会情報
このページの先頭へ

,

ブログトップ

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

以前の記事

検索

タグ

その他のジャンル

ツイッター

アクセスカウンタ

記事ランキング

Copyright �2008. Department of Multiple Sclerosis Therapeutics,Tohoku University Graduate School of Medicine. All Rights Reserved.