HOME > 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ

フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)の導入について

フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)の服用後の徐脈等による重篤な合併症を防ぐため、改訂された添付文書や、欧州医薬品庁の評価報告なども参考にして当院では以下のような対策をしております。当院でのフィンゴリモド導入時には原則2泊3日の入院が必要です。

1.投与前の12誘導心電図異常の確認を徹底しています。不整脈があれば投与しません。
2.原則、投与前日朝から入院し、前日から心拍モニターを装着し脈拍数を監視します。
3.投与後も心拍モニターを装着し、24時間脈拍数を監視します。
4.血圧を、投与後6時間までは2時間おきに、その後も3~6時間おきに翌朝まで測定します。
5.投与後6時間で12誘導心電図検査を施行します。
6.投与前2週間、投与前日、投与翌日、投与後2週間で血液検査を施行します。
7.抗不整脈薬を内服中の患者さんには投与しません。
8.高血圧、心筋梗塞、狭心症、糖尿病の既往・治療歴のある患者さんにも原則投与しません。
9.非典型的なMSには原則投与しません。

以上は当院での独自の対策であり、必ずしもすべての施設において導入されるものではありません。
尚、現時点ではインターフェロンβ投与に問題のある患者さん(副作用、中和抗体陽性、効果不十分など)に導入をお勧めしています。
 
添付文書改訂に関する田辺三菱からのプレスリリース
http://www.mt-pharma.co.jp/release/nr/2012/pdf/MTPC120321_IMU.pdf

欧州医薬品庁からの評価報告書(英文)
http://www.ema.europa.eu/docs/en_GB/document_library/Medicine_QA/2012/04/WC500125689.pdf


[PR]
# by multiplesclerosis | 2012-04-29 18:40 | お知らせ

MS虹の会総会が開催されました

f0183250_1958693.jpg4月28日に仙台市福祉プラザでMS虹の会の総会と講演会が開催され、海外出張中の藤原先生の代わりに久しぶりに中島が参加し、1時間の講演も行いました。顧問でいらっしゃる広南病院の佐藤滋先生も出張先の長崎から直接駆けつけてくれて、一緒に医療相談に応じました。

MS虹の会は宮城県を中心に、東北地方のMS患者さんが集う患者会で、たしか会員数は40人程度と認識しています。(違ったらすみません)
会員同士のつながりや交流を大事にしている歴史のある会で、年に数回交流会を開催していらっしゃいます。藤原先生と佐藤滋先生が顧問となって、講演による情報提供や医療相談を長年続けています。


f0183250_19583271.jpg今日の講演会は市から委託された難病医療相談会も兼ねており、仙台市の健康福祉局の相談係の方も参加されました。仙台市在住の患者さんにはダイレクトメールで案内が送付され、そのためか今日の講演には50人近い参加者があったようです。

次回は10月28日に秋の集いがあって、お誘いを受けましたので、参加させていただこうと思います。


[PR]
# by multiplesclerosis | 2012-04-28 20:32 | 講演会報告

第8回多発性硬化症フォーラム

f0183250_2335864.jpgMSキャビン主催で、六本木アカデミーヒルズ49で開催された第8回多発性硬化症フォーラムに参加してきました。
第2会場の午前中のセッションを担当し、「視神経炎」(近畿大学の中尾雄三先生)、「NMOの痛みの病態と治療」(中島)、「血液浄化療法」(埼玉医科大学総合医療センターの王子聡先生)、「ホームページに寄せられたQ&A」(中島)の4つの講演を企画させていただきました。進行は藤原教授です。


f0183250_23403020.jpg中尾先生のご講演では、視神経炎の診断における中心フリッカー値の測定と、瞳孔異常の重要性が強調され、他の病態との鑑別において必須の検査であることがよくわかりました。また、中心フリッカー値の低下が視力の低下に先行することから、異常を感じたらまず中心フリッカー値を測定することを勧めておられました。眼科の先生方の間でも抗アクアポリン4抗体の重要性はかなり浸透しており、多くのNMO患者さんが眼科で見いだされるようになっています。たとえ視神経炎の既往しかない場合でも、抗アクアポリン4抗体陽性であれば、NMOとして神経内科を併診するべきだと言うお話を聞いて、とても嬉しく思いました。


f0183250_23385121.jpgNMOの痛みの病態と治療では、「慢性疼痛治療ガイドライン」に沿った治療法の選択をお話しました。また、NMOの痛みが生活の質(QOL)を低下させ、歩行や生活を楽しむといいったことに影響していることもお話しました。神経内科では満足な痛みの治療を受けられないこともあり得るので、積極的にペインクリニックに相談することもお勧めしました。痛みの治療法の開発は再発予防の治療法開発と同じくらい重要な課題です。

王子先生の血液浄化療法の解説は非常にわかりやすく、単純血漿交換と免疫吸着療法の違いがよく理解できたと思います。また、埼玉医大で勧めている免疫吸着療法の早期導入はとても治療成績がいいので、重症の患者さんの場合の標準的な治療法になりうるかもしれません。

今日はとても天気が良く、六本木ヒルズからは富士山がきれいに見えました。


[PR]
# by multiplesclerosis | 2011-12-11 23:43 | 講演会報告

“高知多発性硬化症医療講演会”こうち多発性硬化症友の会との共催

f0183250_18414789.jpg 先週の土曜日(12月3日)に高知でこうち多発性硬化症友の会の皆さんと共催で、高知市のお隣の南国市で医療講演会を開催しました。高知ではおととしに続いて2度目の医療講演会でした。かぜぎみで体調は今一つだったのですが、早朝に自宅を出発しなんとか仙台空港から伊丹を経由して、午前11時ごろに高知龍馬空港に到着しました。こうち多発性硬化症友の会の代表の田村大作さん、渡辺さんが出迎えてくださいました。午後の講演会まで少し時間があったので、まず車で坂本龍馬記念館に連れて行っていただきました(写真1)。土佐藩を脱藩した無役の青年が時を武士の世の中から明治へと動かし日本の近代化の基礎をつくり、さらに今日でも多くの観光客をこの町に呼び込んでいることは、驚き以外の何物でもありません。

f0183250_18431621.jpg NPO法人高知県難病団体連絡協議会事務局長の竹島和賀子さんなどとも一緒に昼食をいただいた後に講演会場である南国病院(写真2)へと向かいました。副院長で神経内科部長の吉村公比古先生は前回も会場をお世話してくださいましたし、アクアポリン4抗体陽性症例のご経験もあり、診断や治療のことなどいろいろお話ししました。


f0183250_18435754.jpg 講演会には県内各地と愛媛県から40名ほどの方がご参加いただきました。まずMSとNMOについて、臨床症状やMRI所見、アクアポリン4抗体、両疾患の治療などについて1時間ほどお話ししてから、質問を受けました(写真3)。MSやNMOの症状や診断のこと、新たに承認された経口薬フィンゴリモド(イムセラ/ジレニア)などいろいろご質問をいただきました。
 東日本大震災のことにも少し触れたのですが、高知でも南海地震は既に現実的な脅威としてとらえられており、様々な対策が検討されハザードマップなども作成されているとのことでした。そのような震災時にMSやNMOを含めて神経難病の患者さんがどのように安全に避難し、治療が中断しないようにできるか、大きな課題です。

 その後、会の皆さんと夕食においしい土佐料理を食べながら歓談しました。皆さんがこのような会の活動を通して多くの人たちとの交流を楽しみ、自分自身のやりがいと感じていらっしゃることがよくわかりました。また土佐の男性のみならず、女性の豪快さにも驚きました。翌日は早朝に有名な日曜市の露店で名物の生姜などを買い、田村さんご夫妻に空港まで送っていただき帰路に着きました。
 高知の皆さん、本当にお世話になりました。(藤原)


[PR]
# by multiplesclerosis | 2011-12-06 18:46 | 講演会報告

第20回 世界神経学会報告

f0183250_1351073.jpg 去る2011年11月12日から17日まで北アフリカの国モロッコの世界遺産の町マラケシュにおいて、第20回世界神経学会(World Congress of Neurology)が開催されました。仙台から成田、パリ、カサブランカと飛行機を乗り継ぎ、約30時間かけてマラケシュに到着しました。とにかく疲れました。北アフリカでは、このところアルジェリア、エジプト、リビヤなどの国々で民衆が蜂起(いわゆる“アラブの春”)し、ムバラク大統領やカダフィ大佐など長年にわたり国を支配してきた独裁者たちの政権が倒されましたが、モロッコは国王(ムハンマド6世)を元首とする立憲君主制国家であり、このような動きはまったくなく平穏でした。国内には8つのユネスコ世界遺産があり、マラケシュの旧市街もその一つです。マラケシュはベルベル語で「神の国」の意味で、人口66万人と国内第三の都市で、観光が主体の町です。街中の交差点にはそれぞれ警察官が立ち交通整理をしていました。交通信号はまったくなく、車の流れが途切れるのを見計らって道路を横断します(けっこうヒヤヒヤものです)。モロッコの食べ物としては、小麦粉を粒状にしたものを使った“クスクス”(Couscous)やとんがり帽子のような形をしたタジン鍋を使った鍋料理が有名です。当科から参加した黒田先生と一緒にこれらの料理を味わいましたが、いずれも日本人の口に合う味でした。

f0183250_13512792.jpg 世界神経学会は世界中の神経内科医が集まる国際学会であり、現在は2年ごとに大陸を移動しながら開催されており、2年前はタイのバンコク(アジア大陸)でした。今回は第20回という節目の会合でおそらく初めてアフリカで開催されたと思います。“アフリカと共に、アフリカのために”(With Africa, for Africa)をスローガンとして、6日間にわたり神経内科学のあらゆるトピックスを網羅する学会でした。123カ国から3200名の参加者があったそうです。日本からもたくさんの神経内科の先生方が参加されました。多発性硬化症(MS)は、脳卒中、てんかん、神経変性疾患、疼痛とともに5つの主要なトピックスの1つとなっています。

 私はMS、NMOに関する3つのセッションに参加しました。「神経可塑性と神経再生」のセッションでは、MSにおける脳の可塑性についてfunctional MRI(機能的磁気共鳴画像)の結果を紹介しました。MSのいずれの病型、病気でも、いったん脱髄病変ができると病変のない人に比べて脳のより広い部位を活性化させて、神経症状をできるだけ軽くしようとする脳の働き(これが脳の可塑性です)が動き出しです。これをうまく治療に活用して、機能障害を最小限に食い止めることが期待されます。また神経再生では、脱髄が起こった後に再髄鞘化を阻害する様々な因子があることを紹介し(慶応大学の中原先生たちが報告されたTIP30も紹介しました)、その中でLINGO-1というタンパクを抑制する抗体はMS病変の再髄鞘化を促進する治療効果が期待されています。欧州で既にこの薬の第I相の臨床試験が始まっているようです。

f0183250_1351524.jpg 「MS」のティーチングコースでは、MSとNMOの臨床、MRIなどの検査所見、病理学的所見や治療の相違、アクアポリン4抗体の意義などについてまとめて話しました。質問の時間には、参加者の先生方から具体的な症例の治療をどうするか、アクアポリン4抗体の測定などについてたくさんの質問をいただきました。そのほかケンブリッジ大学のコンプストン教授はMSの病態について詳細な知見を紹介され、最近の欧米で行われた大規模な遺伝子解析(GWAS)の結果から、MSはTリンパ球がその病態に重要であることが確認されたと報告されました。またECTRIMS(欧州MS学会)の会長であるフランスのクラネ教授が、今年発表された改訂マクドナルド診断基準(国際的に用いられているMSの診断基準)の要点を解説されました。特に病変の空間的多発、時間的多発に関するMRIの基準がより感度の高いシンプルなものに改訂されたことを強調され、より早期のMS診断が可能になり早期治療に結びつくことが期待されると述べられました。

 また「NMO」のセッションでは、私はNMOの臨床について話しましたが、ウイーン医科大学のラスマン教授やフランスのマリニエ先生からは、アクアポリン4抗体の病原性に関する実験的研究の最前線のデータが紹介されました。このユニークな自己抗体のNMOの病変形成における役割が徐々に明らかになっていますが、その他にラスマン教授はTリンパ球による炎症の必要性や中枢神経系以外に病変がおこる可能性など興味深い最近の知見も発表されました。
 
 とにかく長旅と3つの発表の準備で疲れましたが、世界の様々な先生方と会い議論することができたことはとても有意義でした。次回第21回世界神経学会は、2013年9月21日から26日までオーストリアの首都ウイーン(欧州大陸)で開催される予定です。日本からもたくさん参加してほしいものです。(藤原)


[PR]
# by multiplesclerosis | 2011-11-23 19:29 | 学会報告

ガシー・ジャクソン慈善財団ミーティング

f0183250_15364221.jpg11月7日から10日にかけて、ロサンゼルス空港近くのホテルでガシー・ジャクソン慈善財団のミーティングおよびNMO患者集会が開催されました。今年で4回目となりますが、前回よりも参加者が増えて、今年は世界中から50名以上の専門家が集まり、NMOの研究および治療について連日議論が繰り広げられました。

7日は午後からNMOの新たな診断基準を制定するためのInternational Panelが開催されて藤原教授がメンバーとして参加し、夕方からは米国外からの参加者が沢山参加しての国際的なデータバンク、検体バンクの可能性・必要性・有用性について議論されました。検体バンクについては、倫理的な承認手続きの煩雑さが多くの国にとって大きなバリアーになるだろうということが再認識されました。

8日と9日のお昼過ぎまでは慈善財団から助成されている研究者がそれぞれ成果を発表し、日本、イギリス、カナダ、ドイツ、イタリア、フランス、ブラジル、オーストリア、アルゼンチン、イスラエルなどから1~2名ずつの研究報告がありました。日本からは藤原教授が東北大学の研究について紹介した後、国立精神・神経医療研究センターの山村先生と千原先生がプラズマブラストに関する最新の研究報告をされ、非常に注目されていました。メーヨークリニックからは臨床治験中のエクリズマブの効果が発表され、エントリーした14人のうち治療中に明確な再発をしたのは1例だけと、驚くような効果があることがわかりました。しかも、治療を中断すると数週間で再発した症例があったとのことで、明確な予防効果がありそうです。ハーバード大学のクチュルー先生によるIL-23を介した自然発症モデルや、UCSFとコロラド大の共同で開発したアクアポルマブ(変異型抗アクアポリン4抗体)に関する研究報告などでは会場が大いに盛り上がり、8日のスケジュールは1時間以上も遅れました。

9日の午後は、参加者が7つのテーブルに分かれて、9つのテーマについて議論する、恒例のroundtable meetingがあり、今年は治療、バイオマーカー、診断基準、国際共同研究、臨床研究、動物モデル、再生医療について議論されました。それぞれの肩書き(MD、PhD、教授、フェロー、など)や国籍は関係なく、対等な立場でざっくばらんに議論できるので、非常に有意義な機会な上に、他ではまず経験できません。また、一流の研究者の本音が聞けて、とても勉強になります。

f0183250_15373324.jpg1時間近く議論した後はテーマ毎に各テーブルでの議論内容が発表されます。最も盛り上がったのは、バイオマーカーの必要性についてで、抗アクアポリン4以外の疾患マーカー、活動性マーカーが今後の臨床研究には絶対的に必要だという共通認識が生まれました。当講座で報告した髄液のGFAP濃度は多くのテーブルで話題になったようですが、障害度や予後判定のマーカーとしては適当であるものの、再発を予想したり、活動性を評価できるものではありません。千原先生が報告した血液中のプラズマブラストの割合も活動性のマーカーの候補として話題になりましたが、経時的な変化の確認が必要です。これら以外のマーカーを探すためには、患者さんの協力が必要で、再発、寛解という時期に拘わらず、頻回に血液や髄液をサンプリングすることで、再発の予兆や疾患活動性と相関する変化を見落とさないようにしなければなりません。

臨床試験に関しては、エクリズマブの効果が予想以上で、とても期待できますが、あまりにも高い薬のために開発が進みそうにありません。臨床試験をまとめたメーヨークリニックの先生ですら、「病態がひとつ解明できたことは非常に良かったものの、治療薬として普及する可能性については否定的」という意見でした。むしろ、「国際的にプレドニゾロン、アザチオプリン、ミコフェノール酸、リツキシマブの有効性、使用方法について共通した物差しで評価し直そう」というメーヨークリニックの呼びかけに対して、みんな賛同しているようでした。

会の最後には財団設立のきっかけとなったアレクサンドリア・ガシーも顔を出し、元気に素敵な笑顔を振りまいていました。(中島)


[PR]
# by multiplesclerosis | 2011-11-09 15:46 | 学会報告
このページの先頭へ

,

ブログトップ

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

以前の記事

検索

タグ

その他のジャンル

ツイッター

アクセスカウンタ

記事ランキング

Copyright �2008. Department of Multiple Sclerosis Therapeutics,Tohoku University Graduate School of Medicine. All Rights Reserved.