HOME > 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ

カテゴリ:学会情報( 10 )

Sendai Conference 2015

平成27年7月11日に開催する、Sendai Conference 2015の概要が決定しました。
視神経脊髄炎および多発性硬化症研究に関する学術会議で、両疾患の研究に携わる先生方の参加を期待します。研修医の参加も歓迎します。

日時:平成27年7月11日(土) 9:00~18:00 (予定)
場所:TKPガーデンシティ仙台

プログラム
招待講演
1. Prof. Angela Vincent (Oxford, UK)
 Newer antibodies in demyelinating and overlapping diseases
2. Prof. Jeffrey Bennett (Colorado, USA)
 Pathomechanisms of anti-AQP4 antibody
3. Prof. Sean Pittock (Rochester, USA)
 Current and Future Therapies in NMO
4. Dr. Maria Isabel Leite (Oxford, UK)
 Pregnancy in AQP4 ab mediated NMOSD - lessons from a multicentre clinical study
5. Dr. Silvia Tenembaum (Buenos Aires, Argentina)
 New consensus diagnostic definitions for Pediatric MS and MRI diagnostic criteria
6. Prof. Toshihide Yamashita (Osaka, Japan)
 RGMa regulates T cell responses and neurodegeneration in autoimmune encephalomyelitis
7. Prof. Takashi Yamamura (Tokyo, Japan)
 Boundary between MS and NMO

一般演題応募受付中
http://www.keiso-comm.com/sendai-conference/index.html


[PR]
by multiplesclerosis | 2015-03-07 14:57 | 学会情報

日本神経学会学術大会開催

本日より名古屋市の名古屋国際会議場で第52回日本神経学会学術大会が開催されています。
当講座からは下記の8演題を発表いたします。

1.ホットトピックス1 5月18日(水)8:30-
  Neuromyelitis optica (NMO) のすべて 藤原一男
2.イブニングセミナー3 2010 Revisions to the "McDonald Criteria" 5月18日(水)18:30-
  McDonaldの診断基準:日本のMSにおける2010年改訂版の意義と課題 藤原一男
3.受賞候補口演3 5月18日(水)10:20-
  AO-112 アストロサイトパチーと二次性脱髄に関する実験的・病理学的検証 三須建郎
4.ポスター 内科疾患に伴う神経疾患① 5月18日(水)17:15-
  P1-360 間欠型一酸化炭素中毒におけるオリゴクローナルバンド陽性・陰性例の特徴 黒田宙
5.口演 脱髄疾患③疫学・臨床 5月19日(木)10:45-
  O5-217 視神経脊髄炎における痛みの評価とQOLに対する影響 金森洋子(中島一郎)
6.口演 脱髄疾患④神経免疫 5月20日(金)8:30-
  O5-304 末梢血B細胞培養系を用いた免疫抑制剤による自己抗体産生抑制効果の検討 鈴木千尋
7.口演 脱髄疾患⑤神経免疫 5月20日(金)9:30-
  O5-309 ヒトアストロサイト一次培養細胞に対する視神経脊髄炎患者IgG・補体の影響 西山修平
8.ポスター 脱髄疾患⑤MS 5月20日(金)11:00-
  P3-355 脊髄円錐・馬尾に病変を認めた抗アクアポリン4抗体陽性視神経脊髄炎の2症例 高井良樹


[PR]
by multiplesclerosis | 2011-05-17 17:38 | 学会情報

63rd AAN Annual Meeting

f0183250_011238.jpg第63回の米国神経学会議(American Academy of Neurology: AAN)が4月9日から1週間ハワイのホノルルで開催されます。

毎年、全米のみならず世界中から神経内科医が集まり、世界で最も熱い議論が交わされます。今年は当講座からは2つの演題を発表予定です。

[IN9-1.011] Aquaporin-4 Antibody-Positive Male Patients: An Analysis of 144 Cases
Douglas Sato, Sendai, Miyagi, Japan, Toshiyuki Takahashi, Yonezawa, Yamagata, Japan, Ichiro Nakashima, Tatsuro Misu, Sendai, Miyagi, Japan, Yasuto Itoyama, Tokyo, Japan, Kazuo Fujihara, Sendai, Miyagi, Japan

[P01.036] MRI Characteristics of Intramedullary Spinal Cord Sarcoidosis: Frequent Coexistence with Mechanical Compression Due to Orthopedic Disorders
Hiroshi Kuroda, Kazuo Fujihara, Yasuto Itoyama, Sendai, Miyagi, Japan

他の演題の抄録はAANの公式サイトで検索することができます。(中島)


[PR]
by multiplesclerosis | 2011-03-06 00:06 | 学会情報

Guthy-Jackson慈善財団ミーティング

11月8日-10日にロサンゼルスのビバリーヒルズで第3回のNMOミーティングが開催されます。今年も財団から助成を受けた米国の研究者のほか、日本、イギリス、フランス、イスラエルなどから研究者が招待され、NMOの病態解明と治療法開発に関する研究発表と討論が予定されています。去年初めて招待されてとても有意義な時間を過ごしましたが、今年もとても楽しみです。

Guthy-Jackson財団のホームページが新しくなり、さらに情報量が増えています。見ていて楽しいサイトになっています。興味のある方は覗いてみてください。

Guthy-Jackson Charitable Foundation | Information about NMO (Devic's Disease)


[PR]
by multiplesclerosis | 2010-10-14 22:53 | 学会情報

日本神経学会総会プログラム

5月20日~22日に東京の国際フォーラムで開催される第51回日本神経学会総会のプログラムが公開されています。
第51回日本神経学会総会
本会は神経内科医9000人が所属する日本神経学会が主催するもので、神経内科のあらゆる領域の研究成果が報告されます。


[PR]
by multiplesclerosis | 2010-04-28 07:21 | 学会情報

第22回日本神経免疫学会プログラム

3月17日‐19日に東京で開催される第22回日本神経免疫学会の詳細なプログラムがサイトで公開されています。
一般演題(ワークショップ、ポスター)も、演題内容はわかりませんが、すべての演題名が参照可能になっています。

当講座からは4題の演題を発表予定で、いずれもワークショップで発表いたします。

http://www.gakkai.co.jp/jsn22/program.html


[PR]
by multiplesclerosis | 2010-02-22 21:11 | 学会情報

第62回米国神経学アカデミー(AAN)年次会議

AAN今年の4月10日から17日までカナダのトロントで開催されるAANの一般演題プログラムがウェブサイトに公開されています。

どなたでもGuest Accessで参照することができます。

http://www.abstracts2view.com/aan/

当講座からは下記の5演題が発表される予定です。



[P02.180] Effects of Aquaporin4 Antibody in Primary Human Astrocytes in Culture: A Living Cell Imaging Analysis
Authors: Shuhei Nishiyama, Tatsuro Misu, Sendai, Japan, Rina Takano, Sendai City, Miyagi, Japan, Toshiyuki Takahashi, Yonezawa, Yamagata, Japan, Ichiro Nakashima, Kazuo Fujihara, Yasuto Itoyama, Sendai, Miyagi, Japan
Date/Time: Tuesday, April 13, 2010 - 3:00 PM
Session Info: Poster Session II: Multiple Sclerosis and Related Diseases: Neuromyelitis Optica, Multiple Sclerosis Differential Diagnosis and Clinical Research (3:00 PM-7:30 PM)

[P02.191] Anti-Aquaporin 4 Antibodies Increase Transiently after Rituximab Treatment in Neuromyelitis Optica with an Association of B Cell Activating Factor
Authors: Ichiro Nakashima, Toshiyuki Takahashi, Sendai, Japan, Bruce Cree, San Francisco, CA, Chihiro Suzuki, Kazuo Fujihara, Yasuto Itoyama, Sendai, Japan, Amit Bar-Or, Montreal, QC, Canada
Date/Time: Tuesday, April 13, 2010 - 3:00 PM
Session Info: Poster Session II: Multiple Sclerosis and Related Diseases: Neuromyelitis Optica (3:00 PM-7:30 PM)

[P02.193] Painful Tonic Spasm in Neuromyelitis Optica
Authors: Yoshiki Takai, Ichiro Nakashima, Tatsuro Misu, Kazuo Fujihara, Yasuto Itoyama, Sendai, Japan
Date/Time: Tuesday, April 13, 2010 - 3:00 PM
Session Info: Poster Session II: Multiple Sclerosis and Related Diseases: Neuromyelitis Optica (3:00 PM-7:30 PM)

[IN3-1.005] Longitudinal Evaluation of Diffusion Tensor Imaging from Acute Carbon Monoxide Poisoning to Delayed Encephalopathy
Authors: Hiroshi Kuroda, Kazuo Fujihara, Shuichi Higano, Yotaro Shinozawa, Yasuto Itoyama, Sendai, Miyagi, Japan
Date/Time: Monday, April 12, 2010 - 9:00 AM
Session Info: Platform Session: Integrated Neuroscience: Global Neurology: Toxins and Infections (8:00 AM-9:30 AM)

[S30.005] Influence of Glial Factors on B Cell Biology: Implication in Multiple Sclerosis Pathogenesis
Authors: Nathalie Lebeurrier, Montreal, QC, Canada, Ichiro Nakashima, Sendai, Japan, Aja Rieger, Philippe Saikali, Antonia Kobert, Montreal, QC, Canada, Jack Antel, Westmount, QC, Canada, Yasuto Itoyama, Sendai, Japan, Amit Bar-Or, Montreal, QC, Canada
Date/Time: Wednesday, April 14, 2010 - 3:00 PM
Session Info: Scientific Sessions: Multiple Sclerosis: Genetics and Human Immunopathogenesis (2:00 PM-4:00 PM)
[PR]
by multiplesclerosis | 2010-02-18 16:08 | 学会情報

牛乳の摂取量とMS発症リスク

多発性硬化症発症リスクにビタミンD欠乏が報告されていますが、胎児期に母親のビタミンD不足がMS発症のリスクになる可能性についてもこれまで指摘されてきました。

北欧やカナダでは、妊婦や乳幼児へのビタミンD摂取によるMS発症予防の可能性について議論されています。

ハーバード大学の研究グループは全米看護師協会の協力のもと、35,794人の看護師の母親の妊娠中の食生活について調査し、MSを発症した199人の看護師とそれ以外の看護師の母親の食生活を比較しています。(AANからのプレスリリース)

f0183250_20343082.jpgこれによると、妊娠中に1日コップ4杯以上の牛乳を摂取していた母親から生まれた人は3杯以下の摂取だった母親から生まれた人と比較してMSを発症するリスクが56%低かったことが分かりました(注:アメリカの市販の牛乳にはビタミンDが多く添加されています)。

また、ビタミンD摂取量が多かった母親から生まれた人は少なかった母親から生まれた人よりもMS発症リスクが低いことも分かりました。

ビタミンDは鮭やさんま、かれいなどの魚に多く含まれるほか、紫外線により合成されることから、これらの食物の摂取量が不足したり、日照が少ないとビタミンD不足が生じます。

ビタミンD不足だけがMS発症因子ではないことは確かですが、胎児期における母親のビタミンD摂取不足がMS発症リスクの1つであることを指摘しています。今後、冬季の日照時間が短くなる北欧やカナダでは妊婦のサプリとしてのビタミンD摂取がさらに推奨されることでしょう。

この研究報告は4月にトロントで開催されるAmerican Academy of Neurologyで報告されます。


[PR]
by multiplesclerosis | 2010-02-11 14:06 | 学会情報

25th ECTRIMS

9月9日から12日まで、ドイツのデュッセルドルフで世界最大のMSに関する研究会のECTRIMSが開催されます。一般演題だけで1000題にもおよぶ研究発表が行われます。

日本からも多くの発表が予定されていますが、当講座関連の発表は今回は6題です。ほとんどはNMOに関する研究報告で、他施設との共同研究も含まれています。

P155. Warning against interferon-beta treatment for anti-aquaporin-4 antibody positive neuromyelitis optica.
T. Okamoto, M. Ogawa, Y. Lin, M. Murata, T. Takahashi, K. Fujihara, T. Yamamura (Tokyo, Yonezawa, Sendai, JP)

P285. Increase of cerebrospinal fluid anaphylatoxin C5a in neuromyelitis optica.
H. Kuroda, T. Takahashi, R. Takano, T. Misu, I. Nakashima, K. Fujihara, Y. Itoyama (Sendai, JP)

P286. Changes of aquaporin4 antibody-treated primary human astrocytes in culture: a time-lapse microscopic analysis.
S. Nishiyama, T. Misu, R. Takano, T. Takahashi, I. Nakashima, K. Fujihara, Y. Itoyama (Sendai, Yonezawa, JP)

P512. Anti-aquaporin 4 autoantibodies increase transiently after rituximab treatment in neuromyelitis optica: an association with B-cell activating factor.
I. Nakashima, T. Takahashi, B. Cree, H.J. Kim, C. Suzuki, C. Genain, T. Vincent, K. Fujihara, Y. Itoyama, A. Bar-Or (Sendai, JP; San Francisco, US; Ilsan, KR; Montpellier, FR; Montreal, CA)

P643. Astrocytic necrosis is induced by anti-aquaporin-4 antibody-positive serum.
M. Kinoshita, Y. Nakatsuji, M. Moriya, T. Okuno, A. Kumanogoh, M. Nakano, T. Takahashi, K. Fujihara, K. Tanaka, S. Sakoda (Osaka, Sendai, Ishikawa, JP)

P846. Therapeutic efficacy of interferon beta-1b in Japanese optic-spinal multiple sclerosis patients.
Y. Shimizu, K. Fujihara, S. Kubo, T. Misu, I. Nakashima, K. Yokoyama, Y. Itoyama, S. Uchiyama (Tokyo, Sendai, JP)


[PR]
by multiplesclerosis | 2009-09-03 07:38 | 学会情報

American Academy of Neurology

今年の4月25日‐5月2日にアメリカのシアトルで開催される第61回米国神経学会議(Amrican Academy of Neurology: AAN)の一般演題抄録がウェブ上に公開されており、誰でも検索することができます。

f0183250_2352558.jpgAANは神経内科領域の学会としては最大規模で、アメリカのみならず、ヨーロッパやアジアなどからも多くの研究者が集まります。基礎研究よりも臨床研究を重視する学会で、臨床家にとってとても勉強になる学会です。
多発性硬化症や視神経脊髄炎に関する発表も多く、まだ論文になっていないような最新の研究成果や治験情報などを得ることができます。

当講座からは2演題の発表(口演およびポスター)を予定しています。

61st Annual Meeting of the American Academy of Neurology Abstracts2View™ site

当講座からの発表演題抄録
[S39.005] Anti-Aquaporin-4 Antibody Production from Peripheral B Cells in Neuromyelitis Optica
[P04.092] Plasma Exchange for Neuromyelitis Optica with Anti-Aquaporin-4 Antibody


[PR]
by multiplesclerosis | 2009-02-27 17:58 | 学会情報
このページの先頭へ

,

ブログトップ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

以前の記事

検索

タグ

その他のジャンル

ツイッター

アクセスカウンタ

記事ランキング

Copyright �2008. Department of Multiple Sclerosis Therapeutics,Tohoku University Graduate School of Medicine. All Rights Reserved.