HOME > 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ

カテゴリ:講演会情報( 10 )

Cosmic Expert Seminarのご案内

平成27年7月11日(土)のSendai Conference 2015が終了後に、会場を移してNMOの抗体検査や小児NMOSDに関連した講演会と情報交換会を開催します。
興味のある医療関係者であればどなたでも参加可能ですので、奮ってご参加下さい。


f0183250_1729249.jpg

[PR]
by multiplesclerosis | 2015-06-05 17:56 | 講演会情報

第6回仙台MSセミナー医療講演会

平成26年10月25日(土)13:30~TKPガーデンシティ仙台ホールB(アエル21F)にて多発性硬化症の医療講演会を開催します。

講師は絵本「ママなんで?びょうきのママにききたいの」の著者で、多発性硬化症患者かつ放射線科医の阿部円香先生(九州がんセンター放射線治療科)と、慶応義塾大学医学部神経内科の中原仁先生です。

会の後半では、仙台市内のMS専門医5人を加えたメンバーでパネルディスカッションを行い、会場からの質問にもお答えします。

多発性硬化症に興味のある方、関心のある方ならどなたでも参加可能です。奮ってご参加下さい。

講演会の案内チラシ
http://www.ms.med.tohoku.ac.jp/seminar.html

WEBでのお申し込み
https://www.facebook.com/tohokumultiplesclerosis/app_374408005932851
[PR]
by multiplesclerosis | 2014-09-17 17:43 | 講演会情報

仙台NMO勉強会 開催予定

 MS専門医向けのNMO勉強会を7月16日(土)に仙台で開催する予定です。会場は仙台の新名所となった仙台トラストシティです。

 参加メンバーは、英国のオックスフォード大学のNMO研究チーム が中心で、オックスフォード大のジョン・ラドクリフ病院のNMOクリニックの専門医であるMaria Leite先生に英国でのNMO診療についてお話していただく予定のほか、自己抗体の研究分野では世界的に有名なAngela Vincent教授に抗AQP4抗体の病原性について分かりやすくお話ししていただく予定です。
 また、オックスフォード大学は高感度に血清抗AQP4抗体を検出するために、あらゆる手法を開発しており、いくつかのメーカーとも連携して測定キットの開発にも携わっています。その中心的メンバーであるPaddy Waters先生に血清抗AQP4抗体のそれぞれの測定法の利点や問題点、メイヨークリニックと共同ですすめる世界標準の検査法の確立についてお話しいただきます。(3人の写真はこちら
 さらには、リバプールのウォルトンセンターのNMOセンターで責任者となっているAnu Jacob先生にNMOの治療についてお話してただく予定です。Jacob先生はメイヨークリニックのWeinshenker教授の元でNMO治療研究を進めており、これまでにリツキシマブやアザチオプリン、ミコフェノール酸モフェチルなどの治療効果を示す重要な論文を発表されており、この分野の第一人者です。(Jacob先生の写真はこちら
 韓国からは国立がんセンターのHo Jin Kim先生が参加されます。100例以上の診療経験をお持ちで、主に治療効果について講演をお願いしています。
 米国からも、長年Johns Hopkins大学の横断性脊髄炎研究チームを牽引してきたDouglas Kerr先生にもきていただいて、これからのNMO治療の展望などをお話しいただく予定です。
 いずれの講演も難しい基礎研究の話しはありませんので、研修医の先生方でも十分に理解できる内容だと思います。

 日本からの発表は未定ですが、近いうちに演題の募集を開始する予定です。症例報告を中心に数多くの演題が集まることを期待しています。聴くだけでも十分に勉強になるシンポジウムになると思いますが、若い研究者、専門医の先生方に積極的に発表いただいて盛り上がることを期待します。

 残念ながら一般公開はしませんが、会の内容は詳細にこのブログで報告する予定です。なお、この勉強会はバイオジェン・アイデック・ジャパンの主催によるものです。(中島)


[PR]
by multiplesclerosis | 2011-02-12 11:54 | 講演会情報

第2回仙台MSセミナー医療講演会参加者申込開始

平成22年11月6日に仙台国際センターで開催する第2回仙台MSセミナー医療講演会の参加者申込を開始しました。
参加費は無料ですが、事前に参加登録することが必要となります。
参加ご希望の方は下記サイトより参加申請を行って下さい。

http://www.ms.med.tohoku.ac.jp/seminar.html


[PR]
by multiplesclerosis | 2010-08-03 16:56 | 講演会情報

今年の講演会予定

今年は当講座とMSキャビンとの共催で、全国各地での講演会開催が予定されています。
お近くにお住まいの方はぜひご参加ください。

7月4日(日)さいたま市(ラフレさいたま)
7月25日(日)土浦市(ホテルグリーンコア土浦)
9月12日(日)高松市(香川シンボルタワー)
9月20日(月)静岡市(グランシップ)
9月25日(土)札幌市(アキュ(ACU))
10月2日(土)秋田市(アルヴェ)
10月3日(日)横浜市(崎陽軒)
10月10日(日)山形市(テルサ山形)
10月16日(土)名古屋市(TKP名古屋ビジネスセンター)
11月6日(土)仙台市(仙台国際センター)
11月13日(土)宇都宮市(栃木県総合文化センター)
11月27日(土)鹿児島市(鶴陵会館)
11月28日(日)郡山市(チサンホテル)

詳細は当講座ウェブサイトMSキャビンのサイトを参照ください。


[PR]
by multiplesclerosis | 2010-06-16 22:48 | 講演会情報

第2回仙台MSセミナー医療講演会について

1月16日の医療講演会が好評だったのと、定員オーバーで聴講をお断りした患者さんが多数おられたことから、11月初めに第2回の医療講演会の開催を検討しています。

現時点では、前回と同様のプログラムで、MSとNMOに関する医療講演をそれぞれ1題ずつと、医療相談も兼ねた患者さん同士の交流会の組み合わせを考えています。

医療講演の内容や、交流会の形式などに関してご要望やご提案がありましたら、この記事のコメントもしくはメールにてお知らせください。


[PR]
by multiplesclerosis | 2010-01-26 11:07 | 講演会情報

第1回 仙台MSセミナー医療講演会

平成22年1月16日(土)13:30より仙台市の戦災復興記念館に於いて患者さん対象の医療講演会を開催いたします。

どなたでも参加可能ですが、事前にお申し込みが必要となります。
会場のキャパシティが100名程度ですので、お申込み状況によっては先着100名様で締め切らさせていただくことがあります。聴講をご希望の方は早めにお申し込みください。

講演の後に情報交換会も予定しています。
ぜひご参加ください。

お申込み方法など、詳細は当講座のウェブサイトをご参照ください。


[PR]
by multiplesclerosis | 2009-09-26 21:34 | 講演会情報

日本神経学会総会イブニングセミナー

5月20日より仙台国際センターを中心に開催される第50回日本神経学会総会のイブニングセミナー(共催セミナー)で中島、藤原による講演がありますので、学会員の方はぜひ聴講をお願いします。

イブニングセミナー7(ES-7)
5月21日(木)17:00~18:30
 仙台国際センター 第2会場(メインホール)

多発性硬化症の早期診断と治療戦略:診療現場でいつ、何をすべきか

座長 斎田 孝彦先生
京都民医連中央病院 神経内科 顧問
国立病院機構 宇多野病院 関西脳神経筋センター 名誉院長

「早期診断と鑑別診断」
演者 中島 一郎 
東北大学病院 神経内科

「我が国における多発性硬化症の治療戦略」
演者 藤原 一男 
東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座

詳細はこちら


[PR]
by multiplesclerosis | 2009-05-07 16:25 | 講演会情報

日本神経学会市民公開講座

多発性硬化症とは直接関係ありませんが、5月23日(土)に仙台国際センター・メインホールで市民公開講座が開催されます。テーマは「身近な脳と神経の病気を良く知ろう」となっています。
どなたでも聴講可能ですので、興味のある方はぜひお申し込みください。

http://www2.convention.jp/neuro50/lecture.html

プログラム

司会 糸山 泰人 東北大学大学院医学系研究科神経内科学分野 教授

「脳卒中を予防し、治そう」
演者 冨永 悌二 東北大学大学院医学系研究科神経外科学分野 教授

「神経内科とは?―その病気いろいろ―」
演者 田代 邦雄 北海道大学名誉教授/北祐会神経内科病院 顧問

「パーキンソン病になったら」
演者 水野 美邦  順天堂大学名誉教授/順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院 院長

1,000名様無料ご招待
申込締切:2009年5月8日(金)


[PR]
by multiplesclerosis | 2009-04-18 00:00 | 講演会情報

内科学におけるガイドラインとその検証

2008年11月9日(日)に仙台国際センターで内科学会主催の会員向けの講演会「内科学におけるガイドラインとその検証」が開催され、九州大学の吉良潤一教授が神経免疫疾患を中心とした神経疾患におけるガイドラインに関する講演をされる予定です。

日時:2008年11月9日(日)
会長:東北大学 貫和 敏博
会場:仙台国際センター

メインテーマ:内科学におけるガイドラインとその検証
参加費:3,000円
認定更新単位:10単位

プログラム
[9時25分~9時30分]
1.序
     第106回日本内科学会会頭 岡 芳知

[9時30分~10時30分]
司会:NTT東日本東北病院 佐々木 毅
2.関節リウマチ薬物療法のガイドライン
     京都大学 三森 経世
3.神経系疾患のガイドラインとその検証:免疫性神経疾患を中心に
     九州大学 吉良 潤一

[10時45分~11時45分]
司会:東北大学 下瀬川 徹
4.胃潰瘍ガイドラインとその検証
     自治医科大学 菅野健太郎
5.糖尿病診療のガイドラインとその検証
     東京慈恵会医科大学 田嶼 尚子

[13時~14時]
司会:弘前大学 保嶋 実
6.高脂血症ガイドラインとその検証
     帝京大学 寺本 民生
7.高血圧治療ガイドラインとその検証
     東北大学 伊藤 貞嘉

[14時15分~15時15分]
司会:福島県立医科大学 棟方 充
8.COPDガイドラインとその検証
     北海道大学 西村 正治
9.結核医療の基準と診療ガイドライン(準備中)
     東広島医療センター 重藤えり子

[15時15分~15時25分]
10.まとめ
     第36回内科学の展望会長 貫和 敏博

[PR]
by multiplesclerosis | 2008-10-27 12:18 | 講演会情報
このページの先頭へ

,

ブログトップ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

以前の記事

検索

タグ

その他のジャンル

ツイッター

アクセスカウンタ

記事ランキング

Copyright �2008. Department of Multiple Sclerosis Therapeutics,Tohoku University Graduate School of Medicine. All Rights Reserved.