HOME > 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ

FTY720とアボネックスの比較試験

スイスのノバルティス社が進める新しい経口治療薬のFTY720(fingolimod)とアボネックスの1年間の第3相比較試験(TRANSFORMS試験)において、FTY720がアボネックスに有意に優ったと発表しました。
http://www.novartis.com/newsroom/media-releases/en/2008/1277020.shtml

1年間の解析で、FTY720(0.5mg)は52%、FTY720(1.25mg)は38%それぞれアボネックスよりも低い年間再発率を示しました。

TRANSFORMS試験の他にも2つのプラセボ対照試験(FREEDOMSとFREEDOMS II)が進行中ですが、これらの試験結果をもとにノバルティス社は2009年の終わりまでにFTY720の承認申請を米国とヨーロッパで提出する予定だそうです。

長期使用に伴う安全性の確立が不十分という声もあるようですが、経口薬でこれまでの標準薬より優る効果を示したことはとても驚くべきことだと思います。
FTY720は日本でもプラセボ対照試験が進行していますが、結果が今から楽しみです。中島
[PR]
by multiplesclerosis | 2008-12-14 21:29 | ニュース
このページの先頭へ

<< ステロイド不応性のMSの視神経... , 仙台MSナースハンズオンセミナー報告 >>

ブログトップ

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

以前の記事

検索

タグ

その他のジャンル

ツイッター

アクセスカウンタ

記事ランキング

Copyright �2008. Department of Multiple Sclerosis Therapeutics,Tohoku University Graduate School of Medicine. All Rights Reserved.