HOME > 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ

第53回 日本神経学会学術大会

f0183250_1332482.jpg5月22日から25日にかけて、東京国際フォーラムで第53回日本神経学会学術大会が開催されました。当講座スタッフは以下の発表を行いました。

1.シンポジウム:中枢神経を侵す難治性炎症性疾患の治療法の選択と最適化:Q&A
 「視神経脊髄炎」
 演者:中島一郎
2.ランチョンセミナー
 「多発性硬化症の新治療戦略-日本発世界初の経口剤フィンゴリモドの選択肢-」
 演者:中島一郎
3.口演:多発性硬化症②治療
 「多発性硬化症におけるインターフェロンβ中和抗体の陽性頻度と臨床的意義の解析」
 演者:中島一郎
4.口演:視神経脊髄炎
 「ヒトアストロサイト一次培養細胞に対する視神経脊髄炎患者IgG・補体の影響」
 演者:西山修平
5.口演:多発性硬化症③その他
 「腫瘍様炎症性脱髄性疾患におけるアストロサイト破壊性病巣」
 演者:高井良樹
6.ポスター:多発性硬化症と視神経脊髄炎②
 「NMOにおける非中枢神経系病変」
 演者:三須建郎
7.ポスター:多発性硬化症と視神経脊髄炎④
 「多発性硬化症と視神経脊髄炎における痛みの特徴とQOLに及ぼす影響の比較検討」
 演者:金森洋子

今回の学会における多発性硬化症に関連した一番の話題は昨年末に発売されたフィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)で、国内の第2相試験の結果を斎田孝彦先生が、その長期試験結果を吉良潤一先生が発表されました。23日のイブニングセミナー、25日のランチョンセミナーでもフィンゴリモドに関連した講演やパネルディスカッションが開催され、質疑応答で盛り上がっていました。

f0183250_134194.jpgフィンゴリモドの国内試験において、抗アクアポリン4抗体陽性の患者さんで病態の悪化が見られたことから、現時点ではNMOの患者さんへの適用は避けるべきとされています。インターフェロンβもNMOには適用にならないことから、病初期におけるMSとNMOの鑑別が非常に重要になりますが、今回の学会では両者の鑑別が難しい症例や、診断における問題点を指摘する報告が目立ちました。新しい技術を用いたMRI撮像法の有用性の報告も興味深かったです。

今後もいくつか新しい治療法の開発が予定されていますが、適切な治療法を選択するための的確な診断と、正しい病態把握がより重要になってきます。

東京での開催は地方都市開催に比べると旅情に欠けますが、参加者が多く、いろんな人に会えるメリットがあります。


[PR]
by multiplesclerosis | 2012-05-26 13:47 | 学会報告
このページの先頭へ

<< Sendai Conferen... , フィンゴリモド(イムセラ、ジレ... >>

ブログトップ

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

以前の記事

検索

タグ

その他のジャンル

ツイッター

アクセスカウンタ

記事ランキング

Copyright �2008. Department of Multiple Sclerosis Therapeutics,Tohoku University Graduate School of Medicine. All Rights Reserved.