HOME > 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ

第8回多発性硬化症フォーラム

f0183250_2335864.jpgMSキャビン主催で、六本木アカデミーヒルズ49で開催された第8回多発性硬化症フォーラムに参加してきました。
第2会場の午前中のセッションを担当し、「視神経炎」(近畿大学の中尾雄三先生)、「NMOの痛みの病態と治療」(中島)、「血液浄化療法」(埼玉医科大学総合医療センターの王子聡先生)、「ホームページに寄せられたQ&A」(中島)の4つの講演を企画させていただきました。進行は藤原教授です。


f0183250_23403020.jpg中尾先生のご講演では、視神経炎の診断における中心フリッカー値の測定と、瞳孔異常の重要性が強調され、他の病態との鑑別において必須の検査であることがよくわかりました。また、中心フリッカー値の低下が視力の低下に先行することから、異常を感じたらまず中心フリッカー値を測定することを勧めておられました。眼科の先生方の間でも抗アクアポリン4抗体の重要性はかなり浸透しており、多くのNMO患者さんが眼科で見いだされるようになっています。たとえ視神経炎の既往しかない場合でも、抗アクアポリン4抗体陽性であれば、NMOとして神経内科を併診するべきだと言うお話を聞いて、とても嬉しく思いました。


f0183250_23385121.jpgNMOの痛みの病態と治療では、「慢性疼痛治療ガイドライン」に沿った治療法の選択をお話しました。また、NMOの痛みが生活の質(QOL)を低下させ、歩行や生活を楽しむといいったことに影響していることもお話しました。神経内科では満足な痛みの治療を受けられないこともあり得るので、積極的にペインクリニックに相談することもお勧めしました。痛みの治療法の開発は再発予防の治療法開発と同じくらい重要な課題です。

王子先生の血液浄化療法の解説は非常にわかりやすく、単純血漿交換と免疫吸着療法の違いがよく理解できたと思います。また、埼玉医大で勧めている免疫吸着療法の早期導入はとても治療成績がいいので、重症の患者さんの場合の標準的な治療法になりうるかもしれません。

今日はとても天気が良く、六本木ヒルズからは富士山がきれいに見えました。


[PR]
by multiplesclerosis | 2011-12-11 23:43 | 講演会報告
このページの先頭へ

<< MS虹の会総会が開催されました , “高知多発性硬化症医療講演会”... >>

ブログトップ

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

以前の記事

検索

タグ

その他のジャンル

ツイッター

アクセスカウンタ

記事ランキング

Copyright �2008. Department of Multiple Sclerosis Therapeutics,Tohoku University Graduate School of Medicine. All Rights Reserved.