HOME > 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ

A new STEP in MS

 6月10-11日チェコ・プラハで行われた"A new STEP in MS: Scientific Training and Education Programme"に参加してきました。この会のメインは日本でも近々承認予定のFingolimodです。Fingolimodは元々日本で開発された免疫調節薬で、スフィンゴシン-1リン酸受容体を介したリンパ球の遊走能抑制により免疫機能を調整する薬剤です。f0183250_1511049.jpg
 44ヶ国から100人を超える参加者が集まり、会場は熱気に包まれていました。FREEDOM(Fingolimodとプラセボとの比較試験)とTRANSFORMS(FingolimodとIFN-β1aとの比較試験)の2つの治験結果の説明もさることながら、「炎症過程での機能不全のみでMS病態の進展は説明できるか?」という議題でのパネルディスカッション、医療面接の技術に関するセッション、各地域ごとに分かれた分科会でのグループディスカッションといったプログラムも用意されており、盛り沢山の2日間でした。
 特に興味深かったのはScripps Research InstituteのJerold Chun先生が発表していた、Fingolimodの中枢神経細胞に対する作用についてです。EAEマウス(実験的な多発性硬化症モデルマウス)において、Fingolimodは末梢リンパ球に作用するのみならず、脳血管関門を通過してアストロサイトやオリゴデンドロサイト、マイクログリアに作用し、グリオーシスや脱髄などを抑制する効果があったとの報告でした。単純な免疫抑制効果だけなく中枢神経系に直接作用する効果があるとすれば、MSのみならず中枢神経疾患に幅広く応用できる鍵となるかもしれません。
 分科会では、オーストラリア、台湾、マレーシア、フィリピン、インドネシア、南アフリカと一緒のグループに入りました。治験での結果や、既に承認されたEU諸国やロシア、アメリカでの承認内容を元に、Fingolimodを中心としたMS治療について議論しました。参加者の関心が高かったのは、現在他剤にて治療を受けているMS患者さんでのFingolimodへ切替についてや、Fingolimodの安全性についてです。どのような患者さんで切替をすべきか、Fingolimod特有の副作用にはどのように対処すべきか、等について、各国から活発に意見が飛び交いました。座長を務めたMartin Duddy先生とはたまたま知り合いであったこともあり、日本での事情について意見を求められた場面もありました。自分自身もディスカッションについて行くのに必死であっただけに、日本が国際競争で勝って行くためにも英語でディスカッションをする能力は必要不可欠に感じました。
f0183250_15113381.jpg
 ヨーロッパに行くとどうしても早起きしてしまうのですが、今回も毎日朝5時頃に起きてしまいました。折角なので、ホテルからプラハ城やカレル橋、旧市街広場まで散歩してみました。昼間は観光客で寿司詰めになっているこれらの場所もさすがに早朝はほとんど人がおらず、爽快な散歩を楽しむことが出来ました。市街地で朝ご飯を食べ地下鉄で戻ってくる予定が、財布をホテルに忘れてしまい、また歩いてホテルまで戻るというアクシデントはありましたが…(西山)


[PR]
by multiplesclerosis | 2011-06-12 15:14 | 研究会情報
このページの先頭へ

<< 仙台NMO勉強会 , 世界MSデー >>

ブログトップ

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

以前の記事

検索

タグ

その他のジャンル

ツイッター

アクセスカウンタ

記事ランキング

Copyright �2008. Department of Multiple Sclerosis Therapeutics,Tohoku University Graduate School of Medicine. All Rights Reserved.