HOME > 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ

さいたま多発性硬化症講演会

f0183250_2351430.jpg今日は、MSキャビンとの共催という形で、さいたま市で講演会を行いました。
会場は"ラフレさいたま"で、とてもきれいな場所でした。

100名を超える参加者があり、講演会としてはかなり大きな規模になりましたが、司会の埼玉医科大学総合医療センターの野村教授が絶妙のトークで会場を盛り上げてくれて、とても和やかな雰囲気で進行したのが印象的でした。

東京女子医大の清水先生の講演はとても歯切れがよく、非常にわかりやすく解説されるのでとても感心いたしました。女性に多い病気なので、妊娠や出産などの女性特有の問題に関しては、やはり女性の先生のお言葉に説得力を感じます。

今回の講演会では、MSの講演とNMOの講演を分けて行い、私(中島)がNMOのパートを担当しました。NMOに関する講演はまだそれほど開催されたことがありませんので、初めてその病名を聞く人でもわかるように基本からお話しました。したがって、よく勉強されている方には少し物足りない内容だったかもしれません。

会が終わって、会場を出るころにはスコールのような大雨でした。幸い、濡れずに帰って来れましたが、さいたまは予想通りに蒸し暑くて汗が大変でした。


[PR]
by multiplesclerosis | 2010-07-04 23:57 | 講演会報告
このページの先頭へ

<< RRMSに対するOfatumu... , 第10回メトロポリタン神経免疫... >>

ブログトップ

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

以前の記事

検索

タグ

その他のジャンル

ツイッター

アクセスカウンタ

記事ランキング

Copyright �2008. Department of Multiple Sclerosis Therapeutics,Tohoku University Graduate School of Medicine. All Rights Reserved.