HOME > 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ

仙台MSセミナー医療講演会

f0183250_19123616.jpg1月16日に仙台MSセミナー医療講演会を仙台市の戦災復興記念館で行いました。
あいにくの寒波で悪路の中、88名の方に集まっていただき、講演会と交流会で盛り上がりました。

深澤先生の講演はMSの病態、検査、治療に関する基本的なお話が中心でしたが、深澤先生のMS診療に対する熱意がとてもよく伝わって感銘を受けました。患者さん一人一人と向き合い、それぞれにベストな治療法や療養方法をスタッフと一緒に考えていらっしゃる様子がよくわかりました。

また、再発や進行予防に治療薬以外の要素がとても大事であることを実例を紹介しながら強調されていて、私自身とても勉強になりました。

今回の講演会はMSの講演とNMOの講演を分けて行うことで、2つが異なる疾患であることを明確にしました。藤原先生がとても分かりやすくNMOの話をしてくれたので、MSとの違いがすっきりと理解できた参加者も多かったのではないかと思います。

交流会では東北大学病院、広南病院、東北厚生年金病院から10名ものMS専門医が集結してくれて無償で医療相談に応じてくれました。お陰で個別の質問にも十分に答えられたのではないかと思います。また、MS患者さん3人が受付をしてくれたのを始め、多くの方がボランティアでお手伝いをしてくれました。とても助かりました。皆様、どうもありがとうございました。

もし要望が多ければ同様の講演会を今年中にまた開催する方向で検討していきたいと思います。


[PR]
by multiplesclerosis | 2010-01-16 19:16 | 講演会報告
このページの先頭へ

<< FTY720とクラドリビン , 韓国における再発性脊髄炎 >>

ブログトップ

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

以前の記事

検索

タグ

その他のジャンル

ツイッター

アクセスカウンタ

記事ランキング

Copyright �2008. Department of Multiple Sclerosis Therapeutics,Tohoku University Graduate School of Medicine. All Rights Reserved.