HOME > 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ

第2回東北免疫性神経疾患治療研究会

埼玉医科大学総合医療センター神経内科教授の野村恭一先生をお迎えして第2回東北免疫性神経疾患治療研究会が仙台で開催されました。

野村教授は長年免疫性神経疾患に対する免疫吸着療法を積極的に導入されており、蓄積されたデータは非常に貴重なものばかりでとても勉強になりました。

特に、多発性硬化症でステロイドの反応が悪い症例に対して免疫吸着療法を施行し、改善がみられた症例のほとんどはその後視神経脊髄炎であったことが判明したというデータは興味深いものでした。視神経脊髄炎ではその再発時に免疫吸着療法とステロイドパルス療法を同時に開始することでより速やかな改善が得られる可能性があるのではないか、との持論もお伺いしとても参考になりました。

当院では、ステロイドパルス治療1クールを施行後に反応が悪い場合に限って1週間以内に単純血漿交換療法を施行していますが、このプロトコールが最良かどうかの確認は一切出来ていません。野村先生の提案する、再発時の免疫吸着療法+ステロイドパルス治療のメリットがどの程度あるのか当院でも可能なら検討してみたいと思いました。

免疫吸着療法と単純血漿交換の詳細はこちらを参照してください。


[PR]
by multiplesclerosis | 2009-10-17 23:26 | 学会報告
このページの先頭へ

<< 第19回世界神経学会(WCN2... , 国際シンポジウム「視神経脊髄炎... >>

ブログトップ

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

以前の記事

検索

タグ

その他のジャンル

ツイッター

アクセスカウンタ

記事ランキング

Copyright �2008. Department of Multiple Sclerosis Therapeutics,Tohoku University Graduate School of Medicine. All Rights Reserved.